ホーム コラム

コラム

保育士が履歴書写真を貼るときのポイントは3つ!基本的なマナーから注意点まで解説

保育士として就職活動や転職活動をするときに必ず必要になる「履歴書」ですが、その中でも採用担当者が一番最初に見る部分が「履歴書写真」です。中には「写真よりも職務履歴などの中身を重視するのでは?」と考える方もいますが、新しい人材を採用するときは「その人の印象」もとても大事になります。

保育士が知るべき処遇改善等加算とは?目的から問題点まで徹底解説

保育士における最近のイメージには、「給料が少なそう」や「キャリアアップできない」と考えている方もたくさんいます。たしかに保育士や介護士などの福祉事業における給与は、全国的にも低い水準となっているところも多いです。保育士が少しでも長く働けるように国は「処遇改善等加算」というしくみを用意しています。

マーブリングを楽しもう!保育園でおすすめなやり方やねらいのご紹介

不思議で幻想的なマーブリング模様。ポイントをおさえれば、保育園の制作で楽しむことができます!子どもと楽しめる作品例やねらい、やり方をご紹介します。一度は耳にしたことはある「マーブリング」。マーブリング模様を目にしたこともきっと一度はあるでしょう。実際には、どのようなものでしょうか?

文化の日とは?保育園での意味の伝え方とおすすめの遊び14選

日本の祝日のひとつである文化の日。文化の日は日本の発展や平和を願う日といわれており、子どもたちにとっても重要な祝日です。ただ、子どもの日や七五三といったような身近な行事ではないため、文化の日の意味や由来を「どうやって子どもたちに伝えよう?」と悩んでいる保育士の方は多いのではないでしょうか。

保育士のボーナス具体的な金額の紹介、支給のタイミングや公立・私立での違い

保育士として働こうと思ったときに給与の次に気になるのが「ボーナス(賞与)」ですよね。ボーナスの支給は単に収入が増えるというだけでなく、仕事へのモチベーションを維持するためにとても重要な役割があります。今回は、保育士がもらえるボーナスの目安を公立保育園と私立保育園それぞれ分けて解説します。

加配保育士の役割・仕事内容とは?求められる資格や知識についても解説

加配保育士はさまざまな子どもたちを受け入れ、成長させるための保育園にとってとても重要な役割を担った保育士と言えます。加配保育士の役割から国が用意している支援制度、加配保育士になるために必要な資格や知識について詳しく解説していきます。

保育士の勤務時間はどれくらい?シフト制・固定時間・短時間などパターン別に解説

保育士の勤務時間と聞いたとき、どんなイメージをするでしょうか?「保育士は勤務時間が長い」「残業多そう」このようなイメージ持っている方もたくさんいます。今回は、保育士の勤務時間を勤務形態別にどのような勤務時間になるのかを解説していきます。とくに勤務時間というのは、保育士が長く勤務できるかどうかの非常に大切な要素です。

七草粥はなぜ食べるの?由来や保育園での伝え方のポイントを解説

新年を迎え少し落ち着いた1月7日には、七草粥を食べる習慣があります。保育園でも七草粥が給食として配膳されることも多いのではないでしょうか。今回は、七草粥の由来や歴史、食べるタイミングなどを詳しくご紹介します。保育園での子どもたちへの伝え方や、七草粥についてお話をする際のポイントも併せて解説します。

保育士の転職理由をランキングトップ5でご紹介!環境を変える前に知っておきたいこと

現在勤務している保育園を転職したいと考えたとき、まず気になるのは「他の人はどんな理由で転職したのだろう?」という疑問でしょう。また、今でこそ転職に対してポジティブに認識する企業や保育園も増えてきましたが、それでも転職や退職は後ろめたい気持ちになりますよね。今回は、保育士の転職理由をランキング形式で紹介していきます。

保育士も産休・育休は取れる!取得条件から支援制度まで徹底解説します

保育士は日々さまざまな業務があるため、産休や育休を取れるかどうか不安になることもあるでしょう。さらに産休や育休を取得できたとしても「スムーズに復職できるのかな?」と考えてしまう人はたくさんいます。今回は、保育士が産休や育休を取得するときの詳しい条件から産休・育休中に申請できる支援制度まで解説していきます。

保育園でハロウィンの由来を簡単に伝える方法!製作事例も紹介!

保育園では、さまざまな行事を通して季節の移り変わりを楽しみます。秋を代表するイベントといえば10月の「ハロウィン」。ハロウィンの由来を伝えて意味を理解することで、子ども達はより一層ハロウィンを楽しめます。今回は、子ども達にハロウィンの由来を伝える方法を解説します。

慣らし保育とは?子どもや保護者のために保育士が意識するポイント

保育園では、初めて保育園に通う子どもがスムーズに環境に適応できるよう「慣らし保育」の期間を設けます。保育士のなかには「慣らし保育はみんな泣いて大変」「抱っこばかりで体力の限界」と感じる人も少なくないのではないでしょうか。今回は、そんな慣らし保育の期間に見られる子どもや保護者の姿を紹介します。
- Advertisment -

人気求人