企業主導型保育園の求人 カイシャ ホイク 企業主導型保育の保育士求人 小規模保育所の保育士求人 KOBITO 小規模保育の保育士求人 駅近保育園の保育士求人「ほいくトレイン保育でGO」 保育トレイン
GO
駅近保育園の保育士求人
メンズ保育士 Men's Hoixy

メンズホイクシ

男性保育士応援保育園の保育士求人
一時保育園の保育士求人 TOMARIGI 一時保育園の保育士求人 初心者復職歓迎保育園の保育士求人 TOIRO

十人十色

初心者復職歓迎保育園の保育士求人

新着コラム

手作りおもちゃの製作アイデア12選!作り方や遊び方を年齢別に解説

手作りおもちゃの製作アイデア12選!作り方や遊び方を年齢別に解説

0
手作りおもちゃは費用をかけずに作成できる点や、子どもの興味関心に合ったおもちゃを提供できる点に魅力があります。保育園で「手作りおもちゃを導入したい」と思っている保育士の方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、簡単に作れるおすすめ手作りおもちゃを12個ご紹介します。
保育園で楽しめる外遊びは?保育アイデア10選と遊びを展開するポイント

保育園で楽しめる外遊びは?保育アイデア10選と遊びを展開するポイント

0
思いきり体を動かして遊びたいときは外遊びが最適です。外遊びには運動能力を向上したり、心身のバランスが整ったりとメリットがたくさんあります。外遊びを積極的に導入している保育園も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、保育園での外遊びにおすすめな保育アイデアを10個ご紹介します。保育アイデアの引き出しを増やしておけば、子どもたちの遊びが今よりもっと盛り上がるようになるでしょう。 目次 外遊びを行う4つのメリット 保育園で外遊びを展開するねらい 【0~2歳】乳児クラスにおすすめの外遊びアイデア3選 【3~5歳】幼児クラスにおすすめの外遊びアイデア7選 外遊びを展開する際のポイントと注意点 まとめ 外遊びを行う4つのメリット 保育園や幼稚園で、外遊びが積極的に展開されているのには理由があります。外遊びを通して子どもたちに有意義な時間を提供できるよう、まずは外遊びのメリットを確認しましょう。 運動能力を向上できる 外遊びでは、園庭や公園などの広い敷地内で思いきり体を動かして遊びます。走る、跳ぶ、しゃがむ、手を伸ばすなど、体の各部位を活発に動かすことで、身体的な運動機能が発達します。 運動機能が発達するメリットは、怪我や病気に強くなることです。外遊びを通して、転んだりケガをしたりしないようにする中で、自然と体の動かし方が分かるようになります。また、太陽の光を浴び新鮮な空気を吸いながら友達と楽しく過ごすことで、免疫力も向上します。 心身のバランスが整う 1日中部屋の中にいるのと外で体を動かすのとでは、心身の健康状態に大きな差がでます。ずっと部屋の中にいると、イライラしやすくなったり集中力が乏しくなったりすることがあるため注意が必要です。一方、外遊びをすると以下のような効果を期待できます。 太陽光を浴びることで、体内リズムが整う セロトニンが生成され、精神の状態が安定する ストレスが発散され、前向きになる など このように、外遊びをすることで、身体的な運動能力が向上するだけでなく精神的に安定するというメリットもあります。 コミュニケーション能力が身に付く 外遊びでは、コミュニケーション能力が身に付くのもメリットのひとつです。外遊びをしながら楽しく過ごすためには、友達との関わりが必要不可欠になります。 誰かが面白そうなことをしていれば真似をしたり、一緒に遊ぼうと声をかけたりする中で、自然と協調性や積極性が育まれていきます。 社会性を育む 外遊びを通して、社会性を育むことができます。友達とのトラブルを避け楽しく遊ぶためには、一定のルールやマナーを守らなければなりません。 一人だけでできる遊びは少ないので、友達と協力したりときには自分の意見を我慢したり、対話をしたりしながら、遊びを円滑に進めていくようになります。 保育園で外遊びを展開するねらい 外遊びのメリットは複数あります。保育園で遊びを展開する際は「どういったことを重点的に学ぶか」「遊びを行う目的」を明確にし、子どもたちの学びを深めるための援助を行いましょう。外遊びを展開するねらいには以下のようなものが考えられます。 体を思い切り動かして遊び、運動能力を向上させる 気温や天気、動植物などを観察する中で、季節の変化に興味を持つ 太陽の光の強さや位置などの変化を体感しながら、生活リズムを身に付ける 好きなように体を動かし、ストレスを発散させて、情緒を安定させる 友達と協力して遊ぶ中で、コミュニケーション能力や協調性を育む とくに外遊びは、単に体を動かすためだけではなく、体を動かしながら心も成長させる効果も期待できるでしょう。 【0~2歳】乳児クラスにおすすめの外遊びアイデア3選 0〜2歳児の乳児クラスが楽しめる、外遊びの保育アイデアをご紹介します。ルールや難易度はクラスの様子によって柔軟に変更しながら、遊びを展開しましょう。 だるまさんがころんだ 誰もが一度は遊んだことのある、定番の遊びです。「いないいないばあ」のような要素もあるので、低年齢の子でも十分楽しめます。 【遊び方】 鬼を決める(保育者が望ましい) スタートラインを決め、子どもたちがスタートライン上に立つ 「はじめの一歩」で、一歩だけ前に出る 鬼が「だるまさんがころんだ」といっている間に子どもたちは鬼に近付く 鬼が振り向いたら停止する 動いた子は鬼と手をつなぐ 鬼にバレずに鬼に近付いた子が、捕まった子と鬼の手を切る 全員逃げる 鬼が「ストップ」といったら停止する ...

人気記事