タグ 制度・法令

制度・法令

保育士宿舎借り上げ支援事業とは?3つのメリットから注意点まで解説

保育園で仕事したいと思っているものの、都市部だと家賃が負担となり二の足を踏んでしまう保育士などに心当たりありませんか?仕事への情熱があるものの、住居の確保方法に悩んで、雇用を見過ごしてしまうのは事業者として残念なことでしょう。保育士宿舎借り上げ支援事業を活用すれば、保育士の住居費のかなりの部分を支援することができます。

保育体制強化事業の概要から内容まで徹底解説

保育士の業務は子どもに直接子どもとかかわる保育だけではありません。給食の準備や園の環境整備など、子どもと関わらない仕事も多くあります。この記事では保育士体制強化事業ではどのようなサポートが可能なのかという点から保育支援者に必要となる資格について徹底解説します。

子ども・子育て支援交付金とは?実施されている目的から申請可能な事業まで徹底解説

現在、地域の子育てにかかわる事業所に対して子育てへの支援がスムーズに行えるように子ども・子育て支援交付金制度があります。この助成を活用していくことで地域の子育てに関係する事業を地域で支えられます。今日では、子育てに関する13事業を対象に子ども・子育て支援交付金を支給しています。

子ども・子育て支援調査研究事業とは?目的から対象事業まで詳しく解説

よりよい子育てを進めていくためには、幼稚園や保育所の運営だけでなく、「子育て支援」をさらに学術的に研究し、現状の課題や調査を行い、多くの人々と情報共有していくことが不可欠です。研究から得られた知見を元にして、私たちはさらに充実した子育てに関係する「行政からの施策」を受けることができます。

保育士の多忙解消!保育補助者雇上強化事業を徹底解説

保育士は、子どもと直接かかわる仕事だけでなく、日誌の作成・教材の準備など子どもが帰ってからも多くの業務をしなければなりません。そのような多忙化解消の方法の1つとして「保育補助者」を新たに雇用し、保育業務をサポートすることで軽減することもできます。

認定こども園の認定基準から利用手続きについて詳しく解説

最近では、徐々に認定こども園を運営する施設も増えてきました。大きな理由としては、国が定める認定基準を満たすことで、社会的に信頼性を高めつつ助成金等も受けられる点にあります。しかし、認定こども園という言葉は知っていても具体的な認定基準や利用するまでの手続きを把握している事業者の方は少ないでしょう。

保育士キャリアアップ研修制度(処遇改善加算Ⅱ)を徹底解説!具体的な研修分野も紹介

保育所を運営していくうえで「保育士の資質向上」は重要なテーマの一つです。 多くの若い保育士が入ってくるなかで、若手を指導するリーダー役や最近の保育問題に対して専門的な知識を持つ人材が必要となってきます。「保育士キャリアアップ研修制度」では、保育士に研修機会をもうけることで保育士のレベルアップができるのです。

子育て安心プランの軸6つの支援パッケージとは?支援内容も詳しく解説

子育て安心プランは、2018年から2020年度までの3か年計画となっており、「待機児童解消」と「女性就業率のM字曲線を解消する」ための施策です。この記事では、国がサポートする6つの支援パッケージとはどのようなものかという点について解説していきます。

「子どものための教育・保育交付金」が受けられる施設は? 施設別に徹底解説

子どものための教育・保育交付金は、子育てに関連する事業や施設に対して国や都道府県から補助金を一部支給し、よりよい子育て環境を整備していくための補助金です。 この記事では、子どものための教育・保育交付金がどのような子育て施設を対象とするのか? どのような支援事業に対して支給されるのかを解説します。

子ども・子育て支援情報システム「ここdeサーチ」とはどのようなサイト?

令和2年9月30日からスタートした子ども・子育て支援情報システム「ここdeサーチ」。この記事では、「ここdeサーチ」の特徴や利用する人物像、調べることができる保育・教育施設の対象や詳細情報の中身について解説していきます。

子ども・子育て関連3法とは?重要なポイントから新制度との関係まで解説

現在の社会的な課題となっている少子化や子育て家庭の孤立化、待機児童などに対応するため、子どもや子育て家庭を支援する新しい環境を整えることが求められています。そのような背景を受け、2015年4月に施行された子ども・子育て支援新制度は、子育て支援の質の向上を図り、子どもたちがより豊かに育つ支援を目指している制度です。

幼児教育・保育の無償化とは?制度内容から対象となる施設まで詳しく解説

「子育てや教育にお金がかかりすぎる」ことが20代、30代の若い世代が子どもを理想数もたない最大の理由としていること、生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育を保障することは極めて重要であるとの認識により、これまで段階的に進めてきた子ども・子育てに関する取り組みを一気に加速させた形です。

中小企業子ども・子育て支援環境整備事業とは?助成内容と条件を詳しく解説

中小企業の事業主にとって、運営資金のやり繰りはとても大変なことです。そのため、助成金を利用しながら事業運営することは重要なことと言えるでしょう。この記事では、数多くある支援制度の中でも令和3年10月から施行された「中小企業子ども・子育て支援環境整備事業」について、助成内容とその条件を詳しく解説していきます。

企業主導型保育事業とは?設置する4つのメリットや基準も解説

平成28年(2016)4月から、政府は日本経済団体連合会や日本商工会議所等と連携して、企業向け助成制度である「企業主導型保育事業」をスタートさせました。認可外保育所という位置づけですが、条件を満たせば認可保育所と同等の整備費や運営費の助成を受けることができます。

人気記事ランキング

新着コラム