ホーム コラム

コラム

【かんたん】クリスマス手遊びおすすめ5選!保育園や実習で取り入れるメリットも紹介

保育園や実習の現場で、子どもたちのわくわくする気持ちをさらに盛り上げるために、手遊びはかなり効果的です。 特にこの時期は、歌やリズム、動きを取り入れた手遊びで、クリスマスの雰囲気を存分に楽しむことができます。しかし、たくさんの手遊びの中からどれを選ぶか迷ってしまうことも…。 そこで、今回はクリスマスシーズンにぴったりのかんたんで楽しい手遊びを5つ厳選してご紹介します。 また、これらの手遊びを取り入れることのメリットについても触れていきます。クリスマスの楽しみを倍増させる手遊びで、子どもたちとの特別な時を作りましょう! クリスマス時期の保育園での手遊びの重要性 クリスマスは、保育園の子どもたちにとっても待ち遠しい特別な時期です。この期待感やわくわくする気持ちを最大限に引き出すためにクリスマスに手遊びを実施するのはおすすめです。 なぜなら、手遊びは単に楽しむだけでなく、以下のようなさまざまな教育的効果も見込めるからです。 感覚的な学び コミュニケーションスキルの向上 季節感の理解 これらのポイントからも、クリスマス時期の保育園での手遊びは子どもたちの成長や学びを促せるだけでなく、季節感の理解など感覚的な部分を養うことにも効果的と言えるでしょう。 クリスマスがテーマの手遊びを取り入れるメリットとは? クリスマスをテーマにした手遊びを取り入れることによる具体的なメリットは以下のとおりです。 季節感を取り入れた感性の育成できる 子どもたちの期待感を最大限に引き出す クリスマスの伝統や文化を楽しく学べる 先ほど手遊びの重要性としてコミュニケーションスキルなども挙げました。 しかし、クリスマスという1年に1度のイベントでは季節感や伝統、文化を楽しく学べることも大きなメリットと言えるでしょう。 季節感を取り入れた感性の育成できる 季節の変わり目は、子どもたちの五感を刺激する絶好のチャンスです。 特に、クリスマスのような華やかな季節は、その魅力を最大限に引き出すことができる期間と言えるでしょう。 季節感を取り入れた手遊びは、子どもたちの感性を豊かにするだけでなく、日常の中での小さな発見や驚きも促進します。 子どもたちの期待感を最大限に引き出す クリスマスは多くの子どもたちにとって、非常に特別な時期です。 その背景には、プレゼントへの期待やサンタクロースの訪問、イルミネーションで彩られた街の風景など、多くの魅力的な要素がたくさんあります。 そのため、一般的なイベントよりもクリスマスという雰囲気だけでも子どもたちの期待感を高め、楽しむことができます。 クリスマスの伝統や文化を楽しく学べる クリスマスは、ただの祝祭日としてだけではなく、その背後にある歴史や伝統、文化を通して子どもたちに多くのことを教えるチャンスです。 世界中で様々な風習や習慣があり、それぞれの国や地域に特有のクリスマスの過ごし方が存在します。 子どもたちにとって、これらの伝統や文化を手遊びや活動を通じて学ぶことは、楽しみながら多様性を理解し、異文化への興味や敬意を持つきっかけとなります。 クリスマスにぴったりな手遊び5選 ここからはクリスマスにぴったりかつかんたんに取り入れられる手遊びを5つご紹介します。 いずれもサンタクロースやクリスマス、雪など季節感が伝わりやすい手遊びに絞りました。 サンタクロースはいそがしい もうすぐクリスマス とんとんとんとんクリスマス クリスマスのうたがきこえてくるよ サンタクロースがやってくる サンタクロースはいそがしい https://www.youtube.com/watch?v=zyldp72ablw 歌詞 やほほい やほほい クリスマス サンタクロースはいそがしい ぼうし オッケー ようふく オッケー ズボン オッケー ながぐつ オッケー プレゼント オッケー しゅっぱつだ ヘェイ  もうすぐクリスマス https://www.youtube.com/watch?v=BSYDaUlFFlE 歌詞 もうすぐクリスマス ツリーをかざろう いちばんめは ろうそく(ふう) もうすぐクリスマス ツリーをかざろう にばんめはクリスマスベル(りんりん) もうすぐクリスマス ツリーをかざろう さんばんめはサンタのおひげ(もじゃもじゃ) もうすぐクリスマス ツリーをかざろう よんばんめはしらゆき(ふわっ) もうすぐクリスマス ツリーをかざろう ごばんめはおほしさま(きらっ) とんとんとんとんクリスマス https://www.youtube.com/watch?v=I53XfMMMV3Y 歌詞 トントントントン 星の夜  トントントントン ベルが鳴る トントントントン トナカイさん トントントントン ソリをひく トントントントン サンタさん みんなのところへ プレゼント クリスマスのうたがきこえてくるよ https://www.youtube.com/watch?v=vlX42xhljaE 歌詞 クリスマスの うたが きこえてくるよ クリスマスの うたが きこえてくる メリー メリー クリスマス メリー メリー クリスマス もうすぐ たのしい クリスマス ひつじかいの うたが きこえてくるよ ひつじかいも うたうよ クリスマス ヨロレイ ヨロレイ クリスマス ヨロレイ ヨロレイ クリスマス ヨロレイ ヨロレイ たのしい クリスマス しろうさぎの うたが きこえてくるよ しろうさぎも うたうよ クリスマス ピョーン ピョーン クリスマス ピョーン ピョーン クリスマス ピョーン ピョーン たのしい クリスマス もりのクマの うたが きこえてくるよ もりのクマも うたうよ クリスマス ドッシン ドッシン クリスマス ドッシン ドッシン クリスマス ドッシン ドッシン たのしい クリスマス ゆきだるまの うたが きこえてくるよ ゆきだるまも うたうよ クリスマス んー んー んー んー んー んー んー んー たのしい クリスマス クリスマスの うたが きこえてくるよ クリスマスの うたが きこえてくる メリー メリー クリスマス メリー メリー クリスマス こんやは たのしい クリスマス メリー メリー クリスマス メリー メリー クリスマス こんやは たのしい クリスマス ヨロレイ ヨロレイ たのしい ピョーン ピョーン たのしい ドッシン ドッシン たのしい ん一 ん一 たのしい こんやは たのしい クリスマス サンタクロースがやってくる https://www.youtube.com/watch?v=CW1ZwpRu7xw 歌詞 サンタクロースが サンタクロースが やってくる 鈴の音ひびかせ 走るソリ 靴下つるして みんな待ちましょう 楽しい今宵 さあ サンタがくる サンタクロースが サンタクロースが やってくる 大きな袋はプレゼント ジングル ジングル 遠くで ほら きこえる みんなの部屋に さあ サンタがくる サンタクロースが サンタクロースが やってくる 小さなうち 大きなうち 忙しい サンタクロースは こどもが みんな大好き 楽しいクリスマス さあ サンタがくる サンタクロースが サンタクロースが やってくる 走れよトナカイ 夜明けまで 鐘の音ひびけば もう 朝だよ しあわせを運び さあ サンタがくる まとめ:クリスマス時期の手遊びでより楽しい保育を クリスマスの魅力的な時期は、子どもたちの心にとっても特別なものとなります。 季節の手遊びを保育の中に取り入れることで、その魅力を最大限に活かし、子どもたちの学びや楽しみを深めることができます。 そこで今回は、クリスマスをテーマにした手遊びの重要性から具体的な遊びの紹介までを詳しく解説しました。 ぜひ取り入れやすいものを選んで楽しいクリスマスの手遊びを実施してみてください。

【歌詞付き】12月におすすめの手遊び5選!取り入れるメリットからコツまで詳しく解説

冬の訪れを感じる12月。この季節ならではの楽しみを子どもたちと一緒に味わいたくありませんか? 本記事では、冬の魅力を最大限に引き出す手遊びを厳選してご紹介します。また、全曲歌詞付きで紹介しているため、すぐに取り入れることも可能です。 手遊びには子どもたちの五感を刺激し、コミュニケーション能力や想像力を育むメリットがたくさんあります。それだけでなく、どのように手遊びを取り入れるかのコツや、その効果的な使い方まで詳しく解説します。 12月にぴったりな手遊びで遊ぶメリットとは? 12月に合わせた手遊びで遊ぶことには、以下のようなメリットがあります。 冬を擬似体験し、感受性を育てる 室内で気軽に実施できる イベント行事を盛り上げられる それでは、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。 冬を擬似体験し、感受性を育てる 冬をテーマにした手遊びには、雪やサンタ、クリスマスなど冬にしか出てこない単語がたくさん散りばめられています。 そのため、冬の手遊びを取り入れることで、子どもたちは実際に雪が降ることのない地域であっても、その季節の雰囲気や感じる寒さを擬似的に体験することができます。 特に寒くて外出がしにくい日には、室内で冬の手遊びを取り入れると子どもたちも楽しめるでしょう。 室内で気軽に実施できる 特別な道具や設備を用意することなく、すぐに始められるのが手遊びの魅力です。 例えば、普段使っているおもちゃや文房具を使ってストーリーテリングを行ったり、手の動きだけで動物や自然を表現する遊びなど、アイディア次第で様々な手遊びが楽しめます。 これにより、子どもたちは自然と集中力を高めながら、日常の中で新しい発見や学びを得ることができます。 イベント行事を盛り上げられる 冬のイベントや行事、例えばクリスマスやお正月などの特別な日は、手遊びを取り入れる絶好のチャンスです。 子どもたちと一緒に、季節の歌を歌いながらリズム遊びをしたり、冬の風物詩を再現する劇遊びをすることで、イベントの雰囲気を一層高めることができます。 保育士として、子どもたちの興奮や期待を最大限に引き出すアイディアを考え、行事をより特別なものにするサポートができるでしょう。 12月にぴったりの手遊び5選!歌詞付きで紹介 ここからは12月にぴったりの手遊びを全曲歌詞付きで5つ紹介します。 取り入れやすい手遊びを厳選しているので、ぜひ今後の保育への参考にしてみてください。 雪のペンキ屋さん https://www.youtube.com/watch?v=56mKUgQo6FY 歌詞 ゆきのぺんきやさんは おそらから ちらちら おやねも かきねも   ごもんもみんな まっしろく まっしろく そめにくる ゆきのぺんきやさんは おおぜいで ちらちら おやまも のはらも はたけもみんな まっしろく まっしろく そめにくる クリームシチュー https://www.youtube.com/watch?v=bRnCAIIcoZQ 歌詞 たまねぎ にんじん じゃがいもと とりにく いっしょにいためてね おみずをたっぷり いれまして ぐつぐつ ぐつぐつ にこんだら ルーを ポン! 「いいにおい!」 クリームシチューの できあがり ペンギンさんのやまのぼり https://www.youtube.com/watch?v=SLojvL6au_Q 歌詞 ペンギンさんが こおりのおやまを のぼります トーコトットトコトット スーッとすべっていいきもち しろくまさんが こおりのおやまを のぼります ドーコドンドンドコドンドン スーッとすべっていいきもち とんとんとんとんサンタさん https://www.youtube.com/watch?v=UwvcPNOLyZY 歌詞 トントントントン 星の夜 トントントントン ベルが鳴る トントントントン トナカイさん トントントントン そりをひく トントントントン サンタさん みんなのところへ プレゼント ゆきのこぼうず https://www.youtube.com/watch?v=x8UQFLwxzPo 歌詞 ゆきのこぼうず ゆきのこぼうず やねに おりた つるりとすべって かぜにのって きえた ゆきのこぼうず ゆきのこぼうず いけにおりた するりともぐって みんなみんな きえた ゆきのこぼうず ゆきのこぼうず くさにおりた じっとすわって みずになって きえた 12月の手遊びを楽しむためのコツ ここまで紹介した12月の手遊びを楽しむためには、いくつかコツがあります。 とくに以下の2つは手遊びを楽しむうえで重要です。 冬の乾燥対策をしっかり行う 教室を冬モードにするデコレーションする 冬の乾燥対策をしっかり行う 冬の季節は、特に乾燥が気になる時期です。保育施設の室内でも乾燥は避けられません。 乾燥は、子どもたちの肌のトラブルを引き起こすだけでなく、ウイルスや菌の感染リスクも高まる要因となります。 そこで、保育施設では、加湿器の導入や定期的な換気を心掛けることが大切です。また、子どもたちの手洗い後のハンドクリームの使用や、保湿成分が豊富なローションを使ってのスキンケアもおすすめです。 教室を冬モードにデコレーションする 冬が近づくと、教室も冬の雰囲気に変えていくことで、子どもたちの季節感を育むのが良い方法です。 雪の結晶や雪だるま、サンタクロースなど、冬を感じさせるアイテムでのデコレーションは、子どもたちの興味や好奇心を引きつけます。 また、子どもたち自身にも壁飾りやオーナメント作りに参加してもらうことで、手先の細かな動きを鍛えるとともに、クリエイティビティを育てるきっかけともなります。 冬のデコレーションを楽しみながら、季節の移り変わりを感じる教育活動を取り入れてみてはいかがでしょうか。 まとめ この季節におすすめの手遊びは、冬の体験を通じて子どもたちの感受性を育て、室内でも楽しく活動できるメリットがあります。 さらに、イベントや行事でも大いに盛り上がること間違いなし!「雪のペンキ屋さん」や「ペンギンさんのやまのぼり」など、歌詞付きで覚えやすい手遊びを5つ紹介しました。 また。手遊びをさらに楽しむためには、冬の乾燥対策や教室のデコレーションもおすすめです。 この12月、手遊びを通して年の瀬の特別な時間を、子どもたちと一緒に過ごしてみてはいかがでしょうか。

冬におすすめの手遊び5選!楽しむポイントから注意点まで紹介

冬の訪れとともに、外の遊びが難しくなる日も増えてきます。 そんな寒い日でも、室内で子どもたちと楽しく過ごす方法として「冬の手遊び」がおすすめです。 冬ならではの情景や生き物を取り入れた手遊びは、子どもたちの五感を刺激し、季節感を身近に感じることができます。 この記事では、保育士の方々に向けて、冬の季節にぴったりの手遊びのアイデアや、その楽しみ方を紹介していきます。 冬ならではの手遊びを楽しむポイント3つ 冬は外の気温が低くなったり、場所によっては雪が降ったりとこの季節でしか体験できない環境になります。 そのため保育の現場では、この時期ならではの手遊びを取り入れることで、子どもたちに冬の楽しさや特徴を伝えることができます。 そこで、冬の手遊びをより一層楽しむためのポイントを3つご紹介します。 季節にぴったりな手遊びを選ぶ 子どもたちが覚えやすい手遊びを選ぶ 室内で暖かく過ごしながら遊ぶ 季節にぴったりな手遊びを選ぶ 1つめのポイントは、季節に適した手遊びを選ぶことです。冬には冬ならではの自然や風物詩があります。 例えば、雪だるまを作ったり、雪の結晶の形を手で再現するなどの手遊びは、季節感を肌で感じさせてくれます。 これにより、子どもたちは冬の気候や風物詩をより深く理解することができるでしょう。 さらに、冬の歌や詩を取り入れながらのリズム遊びも効果的です。 子どもたちが覚えやすい手遊びを選ぶ 2つめは、子どもたちが覚えやすい手遊びを選ぶことです。 手遊びは繰り返し楽しむことで、子どもたちの記憶に定着しやすくなります。 特に冬の手遊びは、シンプルでリズムの良いものを選ぶと、子どもたちが自然と身につけやすくなります。 逆に歌の内容や振り付けが難しいものは、子どもたちの飽きへつながってしまうこともあるため、できるだけ避けるようにしましょう。 室内で暖かく過ごしながら遊ぶ 3つめは、防寒対策を十分にしてから遊ばせることです。 冬になると、気温も急に下がり子どもたちも体調を崩しやすくなります。 そのため、暖房の設定温度を調節し、暖かく快適な環境を整えてから遊ぶようにしましょう。 冬におすすめの手遊び5選 ここからは、実際に冬にぴったりの手遊びを5つに厳選して紹介します。 歌詞と参考になる動画をあわせて紹介していますので、取り入れやすい手遊びを選んでみてください。 ゆき いとまき ペンギンマークのひゃっかてん 雪だるまのチャチャチャ クリスマスケーキのうた ゆき https://www.youtube.com/watch?v=nGwBArgiUF0 歌詞 雪やこんこ  あられやこんこ 降っては 降っては  ずんずん 積(つも)る 山も野原も  綿帽子(わたぼうし) かぶり 枯木(かれき) 残らず  花が咲く 雪やこんこ  あられやこんこ 降っても 降っても  まだ降りやまぬ 犬は喜び  庭かけまわり 猫はこたつで 丸くなる 雪やこんこ  あられやこんこ 降っては 降っては  ずんずん 積(つも)る 山も野原も  綿帽子(わたぼうし) かぶり 枯木(かれき) 残らず  花が咲く 雪やこんこ  あられやこんこ 降っても 降っても  まだ降りやまぬ 犬は喜び  庭かけまわり 猫はこたつで 丸くなる いとまき https://www.youtube.com/watch?v=f75MCuVa2aA 歌詞 いと まき まき いと まき まき ひいて ひいて トントントン いと まき まき いと まき まき ひいて ひいて トントントン できた できた あなたの ぼうし いと まき まき いと まき まき ひいて ひいて トントントン いと まき まき いと まき まき ひいて ひいて トントントン できた できた ぞうさんの ぼうし いと まき まき いと まき まき ひいて ひいて トントントン いと まき まき いと まき まき ひいて ひいて トントントン できた できた りすさんの ぼうし いと まき まき いと まき まき ひいて ひいて トントントン いと まき まき いと まき まき ひいて ひいて トントントン できた できた わたしの ぼうし ペンギンマークのひゃっかてん https://www.youtube.com/watch?v=1WFxxfI6e4g 歌詞 ペンギンマークの百貨店 1階は、化粧品 それ ドッキンドッキン わくわく お化粧しちゃおう パタパタ ペンギンマークの百貨店 2階はスポーツ店 それ ドッキンドッキン わくわく ホームランうつぞ カキーン ペンギンマークの百貨店 3階はペット屋さん それ ドッキン ドッキン わくわく チワワをだっこ...

秋におすすめのかんたん手遊び歌10選!全曲歌詞付きで紹介

毎回同じ手遊びではなく、季節によって取り入れる手遊びを変えると子どもたちの興味・関心を育てつつ、季節感を学ばせることができます。 この記事では、取り入れやすく秋の季節におすすめの手遊び歌を10曲紹介します。 あわせて秋の手遊びを取り入れるメリットについても解説するので、どのようなねらいを持って保育に取り入れたほうが良いかという点も考慮するとさらに効果的でしょう。 秋の手遊びの取り入れるメリット 秋は、色鮮やかな風景や収穫の時期、涼しい風が心地よい季節として、私たちを楽しませてくれます。 この自然の変化を保育の中で感じさせて、子どもたちの楽しい学びの時間にするのはとてもおすすめです。 特に手遊びを一緒に楽しむことで、以下のようなメリットがあります。 秋の季節感を学べる 1つは、秋という季節にどのような生き物や食べ物があるのかということを手遊びを通して学べることです。 たとえば、落ち葉を拾ったり、どんぐりを手にとってみることで、秋ならではの楽しさやわくわく感を共有できます。 これが、季節ごとの美しさや自然の大切さを感じる第一歩になるかもしれませんね。 手遊びを通して五感を養える 2つめは、手遊びとして保育に取れることで単に学ぶだけでなく、五感を養うことが可能です。 紅葉の葉っぱのさらさらとした手触りや、新鮮な果物の甘い香り。そんな自然の贈り物を使った遊びは、視覚や嗅覚を刺激して、秋の楽しさを倍増させてくれるでしょう。 さらに、秋風の音や虫たちの合唱を真似る遊びは、聴覚を楽しませてくれます。 これらの体験を通して、子どもたちは自然と言葉を見つけて、自分たちの感じたことを伝える喜びを感じることができるのです。 秋の手遊びをおこなったあと、実際に外へ出て落ち葉や虫など秋を感じられるものを探しにいくのも良いですね。 秋におすすめ!かんたん手遊び10選 ここからは明日からかんたんに取り入れられる秋の手遊びを紹介していきます。 もちろんすべて取り入れるのではなく、取り入れやすく子どもたちが楽しめる手遊びを選んでみてください。 やきいもグーチーパー https://www.youtube.com/watch?v=oYf-9mab8sY 歌詞 やきいも やきいも おなかが グー ほかほか ほかほか あちちの チー たべたら なくなる なんにも パー それ やきいも まとめて グーチーパー どんぐりとこりす https://www.youtube.com/watch?v=2C7YsA2l5bY 歌詞 どんぐりころころ かけてった かけてった ころころひとつ ころころふたつ ころころみっつ ころころよっつ ころころころころ いつつ むっつ ななつ やっつ ここのつ とお こりすにおわれてかけてった どんぐりころころ つかまった つかまった ころりんひとつ ころりんふたつ ころりんみっつ ころりんよっつ ころりんころりん いつつ むっつ ななつ やっつ ここのつ とお こりすのおててにつかまった おおきなくりのきのしたで https://www.youtube.com/watch?v=P8hws9aE-ag 歌詞 大きな栗の  木の下で あなたと  わたし なかよく  遊びましょう 大きな栗の  木の下で 〜くりかえす〜 まつぼっくり https://www.youtube.com/watch?v=CkTIEdVccXA 歌詞 まつぼっくりがあったとさ 高いお山にあったとさ ころころころころ あったとさ おさるがひろって たべたとさ まつぼっくりがあったとさ 高いお山にあったとさ ころころころころ あったとさ おさるがひろって たべたとさ まっかなもみじ https://www.youtube.com/watch?v=X51fwdDABv0 歌詞 真っ赤だな 真っ赤だな つたの葉っぱが真っ赤だな もみじの葉っぱも真っ赤だな 沈む夕陽に照らされて 真っ赤なほっぺたの君と僕 真っ赤な秋に囲まれている 真っ赤だな 真っ赤だな...

3歳児向け手遊び5選!保育に取り入れるメリットから成功させるコツまで解説

3歳という年齢は、子どもたちが一段と好奇心を持ち、身の回りの事象や新しい遊びに興味を示す大切な時期です。 手遊びは、指先や手の動きを活用して、子どもたちの脳の発達や感覚的な学びを促進することができます。 この記事では、3歳児に特におすすめの手遊びをピックアップし、それぞれの遊び方や効果について詳しく解説します。 3歳児におすすめの手遊びとは? 保育の現場での3歳児に最適な手遊びとは、子どもたちの手の動きや指先の発達を促進しつつ、興味や好奇心を引き出すために効果的な遊びです。 この年齢の子どもたちは、物事への関心が深まり、自分で試みることへの意欲が増してきます。 手遊びは、その意欲や好奇心をサポートするとともに、感覚的な学びやリズム感、協調性の発達にも繋がります。 例えば、昔ながらの手遊び「いないいないばぁ」をはじめ、施設や状況に応じてアレンジできる手遊びは、日々の保育の中で役立つツールとなるでしょう。 これらの手遊びを取り入れることで、子どもたちの表現力やコミュニケーション能力の向上にも貢献します。保育士として、手遊びを活用し、子どもたちの成長を豊かにサポートしていきましょう。 手遊びのメリット 手遊びは、単なる遊びではなく、子どもたちの成長や発達をサポートする多彩なメリットを持っています。 保育の現場で取り入れることで、次のような効果や恩恵を実感することができます。 感覚的学習の促進 手の筋力や協調性の向上 リズム感の獲得 言葉の理解力の強化 社会性の育成 手遊びにはリズムや音楽が伴うことが多いため、自然とリズム感を身につけることができます。歌や掛け声とともに行う手遊びは、言葉の意味やニュアンスを理解する力を養います。 また、グループでの手遊びは、待つことや順番を守ることなど、社会的なルールを学ぶ良い機会となります。 これらのメリットを理解し、日常の保育活動に手遊びを適切に取り入れることで、子どもたちの総合的な発達をサポートしていきましょう。 3歳児にピッタリな手遊び5選 手遊びは子どもたちの発達やコミュニケーションのサポートに欠かせない遊びです。 ただし、どのように実施するかによって、子どもたちの反応や学びの深さが変わることも。 以下は、3歳児にぴったりな手遊びを5つに厳選してご紹介します。 フルーツパフェ https://www.youtube.com/watch?v=0XawvCCmBjE 歌詞 いちご みかん マスクメロン キウイに バナナ パイナップル ルンルンルン クリームのせて フルーツパフェ ミックスジュース https://www.youtube.com/watch?v=y-4WsqilvYY 歌詞 りんご りんご りんごのほっぺ ぶどう ぶどう ぶどうのおめめ いちご いちご いちごのおはな おくちはチェリー ちゅ! ぐるぐるぐるぐる ぐるぐるまぜて ぐるぐるぐるぐる ぐるぐるまぜて ぐるぐるぐるぐる ぐるぐるまぜて ミックスジュース どうぞ! 子どもと子どもがけんかして https://www.youtube.com/watch?v=8s8rOd6Y3nk 歌詞 こどもこどもが けんかして くすりやさんが とめたけど なかなかなかなか とまらない ひとたちゃ わらう おやたちゃ おこる やさいのうた https://www.youtube.com/watch?v=4cpyl0ffMJc 歌詞 トマトは、トントントン キャベツは、キャッキャッキャッ キュウリは、キュッキュッキュッ だいこんは、こんこんこん ピーマンは、ピッピッピッ カボチャは、チャッチャッチャッ ニンジンは、ニンニンニン はくさいは、くさいくさいくさい タマネギ、エンエンエン ゴボウは、ヒョ~ロヒョロ グリーンピースは、ピースピースピース もやしは、もじゃもじゃもじゃ~ コロコロたまご https://www.youtube.com/watch?v=sHIW4SdMdE8 歌詞 コロコロたまごは おりこうさん コロコロしてたら ひよこになっちゃった ピヨピヨひよこは おりこうさん ピヨピヨしてたら コケコになっちゃった コケコケこけこは おりこうさん コケコケしてたら よがあけた コケコッコー! 手遊びをもっと楽しむためのコツ 手遊びは子どもたちの発達やコミュニケーションのサポートにおすすめです。 ただし、どのように実施するかによって、子どもたちの反応や学びの深さが変わることも。 以下は、手遊びをより有意義で楽しいものにするためのコツをいくつかご紹介します。 子どもたちのペースを尊重する 変化を楽しめる工夫をする 参加を促す 子どもたちのペースを尊重する 子どもの興味やリズムを感じ取り、無理に進めるのではなく、子どもたちのペースで楽しむことが大切です。 参加している子どもたちの様子を確認しながら手遊びを進めるようにしましょう。 変化を楽しめる工夫をする 同じ手遊びでも、速さを変えたり、異なるリズムや音楽を取り入れたりすることで、新鮮な楽しさを追加することができます。 毎回同じ遊びでは飽きてしまう子もいるため、工夫して遊ぶようにすると良いでしょう。 参加を促す 手遊びは一緒に参加することで、より一層楽しさが増します。 子どもたちが主体となって遊べる環境を作ることで、子どもたちの自主性や創造力を引き出すことができます。 まとめ この記事では、3歳児向けに手遊びを取り入れることのメリットやそのコツなどを詳しく解説しました。 手遊びは子どもたちの成長やコミュニケーションをサポートする効果的な遊び方です。 さらにこの年齢層の子どもたちは、手の動きや指先を使った活動に興味を示すため、手遊びは身体的、感覚的、言語的な発達を促進します。 手遊びをさらに効果的にするためのコツとして、子どもたちのペースを尊重すること、大人の表情や動きを活用すること、変化や新しい要素を取り入れることなどが挙げられます。 保育士や教育者は、これらのポイントを理解し、手遊びを日常のアクティビティとして組み込むことで、子どもたちの総合的な発達をサポートすることができるでしょう。

保育士から異業種の仕事に転職!おすすめの職種は?

保育士の転職を成功へ導くための貴重な情報をご提供!あなたの資格やスキルを最大限に活かせる求人を数多くご紹介しています。快適な労働環境やキャリアアップのチャンスにつながる様々な職種を比較し、理想の転職先を見つけましょう。

保育士の転職に最適な時期は9月スタートがおすすめ!辞めるタイミングや退職のポイント

保育士の理想的な転職時期は9月スタート!求人情報が豊富で競争も激しい時期。この記事では、保育士の最適な転職時期や転職活動のスタートについて詳しく解説していきます。保育士のベストな転職時期を理解して、スムーズな転職を目指しましょう。

保育士から転職するための自己PRのコツとは?成功事例や例文を紹介!

面接や職務経歴書でも自己PRを組み込むことで、応募先に自分の魅力を明確に伝えることができます。今回は、保育士としての転職活動における自己PRの重要性と、効果的な書き方のポイントについてご紹介いたします。

保育士の転職理由の伝え方!面接で聞かれた時の注意点や質問への対応方法

保育士として働く皆さんも、時折悩みに直面することがあるでしょう。その悩みにより転職を考える場合、現状から離れることへの不安がハンディとなることもあります。そこで保育士が転職を検討する際の退職理由や伝え方、そして悩みに応じた転職先の選び方を具体的に紹介します。

保育士転職の成功に必須!職務経歴書の書き方とポイント

保育士としての経歴やスキルを魅力的にアピールするためには、職務経歴書が欠かせません。退職の理由や自己PRなどを上手に盛り込み、採用担当者が魅力を感じる職務経歴書を作成しましょう。ここでは、「保育士の方が転職活動に役立つ職務経歴書の書き方」やテンプレートをご紹介します。

30代保育士の転職は成功する?メリット・デメリットから注意点まで解説

30歳を超えた保育士の皆さんへ質問です。「キャリアアップを目指したい」「プライベートとの調和を図りたい」といった理由で、他の保育園への転職を検討している方もいるかもしれません。一般的には、年齢が上がるにつれて転職は難しくなると言われていますが、30歳を超えた保育士の方々にはどうでしょうか?

保育士の転職に悩む人におすすめ!次の仕事を見つけるキャリアアッププランや自己分析

保育士の方で、転職を悩んでいる方も多いかもしれません。新しい職場での改善や後悔のない選択を心掛けたいですよね。そこで、保育士さんが転職を考える際の基準やスムーズな活動のポイントをご紹介します。さらに、エージェントの活用法もお伝えします。

保育士転職における履歴書の書き方とは?項目別にポイントを徹底解説

保育士の転職活動において、履歴書は非常に重要です。自身をアピールし、採用を勝ち取るためには、魅力的な志望動機や自己PRを上手に作成することが欠かせません。この記事では、保育士の履歴書の書き方について、資格や職歴、特技欄などの項目を徹底的に解説します。

【保育士の転職】履歴書の書き方と志望動機のポイントを徹底解説!新卒・中途の自己PR例文

保育士の転職活動において、履歴書は非常に重要です。自身をアピールし、採用を勝ち取るためには、魅力的な志望動機や自己PRを上手に作成することが欠かせません。この記事では、保育士の履歴書の書き方について、資格や職歴、特技欄などの項目を徹底的に解説します。

簡単にできる2歳児向け手遊び9選!導入するメリットから注意点まで徹底解説

2歳児向けの手遊びは、発育や発達に大いに役立つ重要な活動です。この記事では、「2歳児向けの簡単な手遊び」を9つ紹介します。2歳児の好奇心と探求心を刺激する遊びを通じて、認知能力や運動能力の発展を促しましょう。

5歳児クラスにおすすめの手遊び15選!導入のねらいや保育のポイントも解説

5~6歳になると、心身が大きく発達し、難しい手遊びも楽しめるようになります。「5歳児クラスでできる手遊びの引き出しを増やしたい」「新しい手遊びを教えてほしい」と考えている保育士の方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5歳児クラスにおすすめの手遊びを15個紹介します。

人気求人