お役立ちコンテンツ | 保育園面接のポイント

保育園面接のポイント

保育園の面接を受けるときのポイントは、一般の企業面接の場合と同様です。
清潔感のある身だしなみで、ハキハキと笑顔で受け答えのできる対応をすることが基本です。 保育園の面接内容は、各保育園で違います。
しかしながら、面接である以上、きちんと礼節を持って面接に向かわなければなりません。
面接の目的は、『その保育園で働くということ』なので、以下のことに気を付けましょう。

自分のことをよく知ってもらう

自身のアピールポイントを整理ておきましょう。

発声の仕方や語尾などに気を付け、抑揚のある話し方を心がけましょう。


自分がその保育園で働きたい理由をしってもらう

面接を受ける保育園の事前調査をしましょう。

面接を受ける保育園の保育方針に絡めた志望動機を考えておきましょう。

養成校の実習等でお世話になっていない場合、進んで面接後に実習を申し込み、意欲をアピールしましょう。


自分がその保育園のために頑張れることを知ってもらう

保育士を志すきっかけや保育士になったらやりたいことを、簡潔に話せるようにしましょう。

将来どのような保育士として成長・活躍をしていきたいのか考えておきましょう。


面接でよくある質問

Q.自己紹介、自己PRをしてください。

Q.志望理由を教えてください。

Q.自分の長所と短所を教えてください。

Q.転職する理由を教えてください。

Q.前の職場では、どのような業務をしていましたか?

Q.なぜ保育士に携わろうと思ったのですか?

Q.どんな保育士になりたいですか?

Q.あなたはどんな保育士を目指していますか?

お役立ちポイント
面接で聞かれることは、保育園によってまちまちですが、上記の内容はよく聞かれることが多いです。
あらかじめ、答えを用意しておくことが重要です。


面接中のポイント
  • 姿勢が良いと第一印象も良くなります。逆にいえば、姿勢が悪いだけで第一印象も悪くなってしまいますので注意しましょう。
  • 質問には明確な答えをハキハキと、笑顔で答えましょう。
  • 自分をアピールしたいあまりに、しゃべりすぎるのは逆効果です。
    要点をまとめて、簡潔に伝えられる準備をしましょう。
  • 転職理由は前向きな理由を述べましょう。
    消極的な理由は愚痴・不満と受け取られかねませんので注意しましょう。
  • 「質問はありませんか?」と聞かれた際、「特にありません」では、保育園に対する興味・関心の低さと感じられてしまうかもしれません。
    必ず質問できるように面接前に準備しておきましょう。
お役立ちポイント
面接を受ける保育園の求人情報の内容や、ホームページの内容を時間をかけてじっくり見ておきましょう。
事前準備をどれだけできたかが、面接の合否を大きく左右します。