お役立ちコンテンツ | 認可保育園と認可外保育園の違い

認可保育園と認可外保育園の違い

認可保育所と認可外保育所の違いは、認可は公的な運営費の補助を受けている点にあります。
そのため、認可外に比べ施設の規模や充実度、保育士や子どもたちの人数などの点で大きく差があります。


認可保育園のいいところ
子どもたちが輝く

認可保育園は、無認可の保育園に比べて園庭や保育室の面積などが圧倒的に広く、充実しています。
また、たくさんの子どもたちがいます。多くの異年齢の子どもたちがいることで育つ心があります。
こういった環境の中でこそ、保育士は元気ですくすく健康的に育つ子どもたちの成長と向き合うことができます。


保育士として成長できる

子どもたちにとって良い環境であることが、保育士にとっても多くのメリットをもたらします。
認可保育園では児童福祉法に基づき、子どもの人数や年齢別に、保育士の人数の基準があります。
そのため、保育士1人あたりの仕事量が安定しており、じっくりと子どもたちと向き合いながら、本来の保育業務に専念することができます。


安定した雇用条件

認可保育園は公的な運営費の補助を受けているため、利潤を追求することがなく、施設に費用がかかることによる経営維持の心配が少ないといわれています。 そのため、認可保育園の職員は人件費の問題で無理な労働時間を強いられることがなく、給与面の安定率や増額率が高いといわれています。